両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

睡眠障害

日本では約20%の方がなんらかの睡眠障害に悩まされていると考えられています。直ちに命にかかわる疾患ではありませんが、大きなストレスを伴う病気です。今回ご紹介するような睡眠障害の症状に心当たりがある方は、両国駅前内科・透析クリニックの糖尿病・生活習慣病内科にご来院ください。

睡眠障害とは

睡眠障害とは、満足な睡眠がとれない障害の総称です。「不眠症」と呼ばれることもあります。 眠れない状態のみが睡眠障害と定義されているわけではありません。夜に十分睡眠をとっているのにもかかわらず昼間に強い眠気に襲われるような状態も睡眠障害に含まれます。また、昼夜の生活リズムと体内時計が合わないような状態や睡眠中の異常な呼吸も睡眠障害に含まれます。

睡眠障害の症状

上述したように睡眠障害には複数の種類があります。代表的な睡眠障害の症状をご紹介しましょう。

不眠症

不眠症は最も一般的な睡眠障害です。「満足に睡眠をとらない慢性的な状態」が不眠症と考えられています。主に入眠に時間がかかる「入眠困難」、何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」、意図しない早朝の時間に起きてしまう「早朝覚醒」、眠りが浅い「熟眠障害」に分けられます。

過眠症

夜の睡眠の満足度にかかわらず、昼間に強い眠気が襲う症状は「過眠症」と呼ばれています。日中の活動が困難になるほど強い眠気がやってくる場合もあるため、発症者に大きなストレスを強いる病気です。短時間の居眠りで覚醒状態に戻るケースもあれば、長い居眠りをとっても覚醒できない症例もあります。

合併しやすい疾患

睡眠障害は身体に与える負担やストレスから、合併する疾患が多い病気です。主に以下のような疾患との合併が確認されています。

  • ・頭痛
  • ・神経痛
  • ・腰痛
  • ・心不全
  • ・高血圧
  • ・逆流性食堂円
  • ・高血圧
  • ・神経症
  • ・うつ病
  • ・統合失調症

睡眠障害の治療法

睡眠障害の治療は主に以下のようなアプローチで行われます。

生活習慣の改善

睡眠障害の発症確率に大きな影響を与える要素が、生活習慣です。生活のリズムを整え、起床後にカーテンを開けしっかりと日光を浴びることで覚醒が促進されます。また、香辛料やカフェインなどの刺激物の摂取を控えることも大切です。近年ではベッドに入ってから操作するスマートフォンの光が入眠の妨げになることもわかっています。

薬物療法

睡眠障害の種類に応じて適切な治療薬が処方されます。円滑な入眠を促進する睡眠導入剤の使用が一般的です。過眠症による日中の眠気を緩和するために、中枢神経刺激薬が処方されることもあります。

page top