両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は気管支の炎症によって辛い症状が起きてしまう疾患です。また、さまざまな合併症や併発症が考えられます。両国駅前内科・透析クリニックの生活習慣病内科が、COPDの基本的な情報についてお話します。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは

慢性閉塞性肺疾患・COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、肺に発症する炎症症状のひとつです。慢性気管支炎肺気腫とも呼ばれています。中高年の方の発症が多い肺疾患です。

最もたる原因はタバコです。長期の喫煙歴がある場合、15~20%の確率でCOPDを発症すると考えられています。また、受動喫煙や大気汚染、アレルギーなどによる発症例も確認されています。広義のうえでは、有毒性の高い外気を肺に入れることすべてが、COPDにつながりうる要因です。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状

COPDで肺の炎症が起きると、気管支の炎症に発展します。この状態が引き起こすせきやたんの頻発は、COPDの代表的な症状です。また、酸素を肺に取り入れづらくなるため、運動した際の息切れ、運動能力自体の低下といった症状も起こりえます。

また、COPDの進行により、気管支の奥にある肺胞が破壊されるケースもあります。この状態になると酸素の取り込み、さらに二酸化炭素の排出までも困難になります。一度破壊された肺胞が再生されることはありません。

発症者の中心が喫煙者であり、さらに加齢による悪影響も重なることから、合併が多いのも特徴です。肺炎、気管支喘息、肺気胸、肺がんなどが代表的な合併症としてあげられます。とりわけ、COPDの合併症として起きる肺炎は重症化しやすいため注意が必要です。さらに、肺の炎症により生まれる「サイトカイン」という物質は、体内を巡回することで糖尿病、骨粗鬆症、骨格筋機能障害といった深刻な疾患を併発させる存在として危険視されています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療法

COPDの治療法として一般的な方法を以下にご紹介します。

禁煙

代表的なCOPDの原因である喫煙の中止は基本的な治療です。本人が自ら動機づけ行い、禁煙をする必要があります。禁煙によるストレスや不安、眠気といった離脱症状を軽減するために、必要に応じて禁煙補助薬が処方されます

食事療法

COPDの発症時には、呼吸筋力の低下が懸念されます。十分な呼吸筋力を維持するためには、毎日の食事で意識してタンパク質を摂取する取り組みが大切です。心機能の低下を防ぐために、摂取塩分の調整が求められることもあります。

薬物療法

正常な呼吸を阻害する気管支の縮小を改善するため、気管支拡張薬が処方されます。また、せき・たんが増加する「憎悪」が起こるような中・重度のCOPDでは、ステロイド薬が経口・注射などで使用されます。

page top