両国駅前内科・透析クリニックはJR総武線両国駅のホームから目の前に見える身近な病院です

お電話でのお問合せ

tel
問い合わせ
メニュー
診療案内診療案内

狭心症

両国駅前内科・透析クリニックでは、糖尿病・生活習慣病内科を設け、さまざまな症状に関する検査や診断を行っています。こちらでは、生活習慣病でもある狭心症の症状と原因、検査方法、ならびに治療方法をお伝えします。狭心症を放置すると心臓発作や心筋梗塞を招くため、早めの処置が大切です。

狭心症とは

狭心症とは、冠動脈の狭窄によって胸が激しく痛む心臓病の一種です。心臓には、いくつかの種類の血管が通っており、そのなかでも太い部類に入るのが冠動脈です。冠動脈は、心臓の筋肉(心筋)に酸素と栄養素を供給する大切な役割を持ちます。その冠動脈に障害が起きれば心筋も正常に動かなくなり、胸部を中心にさまざまな症状を引き起こすのです。

同じく心筋の狭窄によって起こる心臓病に、心筋梗塞があります。これは血栓などで冠動脈が完全に詰まった状態で、一部の心筋で壊死状態がみられます。一方、狭心症はたまに胸が痛む程度で心筋は生きた状態。狭窄によって血液が流れにくくなっていますが、壊死までは起きていません。

狭心症の分類

狭心症は、発作のタイミングによって以下の症状に分類されます。

労作性狭心症

労作性狭心症は、階段を上がったり、重い荷物を持ち上げたりした際に胸に強い圧迫感や焼けるような痛みを覚えるタイプの狭心症です。痛む部位は前胸部のほか、上腹部や肩、首などです。上記のような動きは心臓への負担が大きく、血液をたくさん体内へ供給するため心筋の動きも活発となります。冠動脈に詰まりがあると血流が滞り、心臓への負荷がかかって痛みやすくなるのです。

多くの場合、痛みは数分程度でおさまります。痛みを抑えるには、まずは安静にすること。病院で処方されている薬があれば、それを服用して症状の沈静化を図ります。

安静時狭心症

静かに横になっていたにもかかわらず、朝起きてみると胸や背中などに強い圧迫感を覚える発作があります。このように安静にした状態で、突然胸に痛みが走る場合、安静時狭心症が疑われるでしょう。

これは、冠動脈が一時的にけいれんを起こして血流をストップさせるために起きることから、冠攣縮性狭心症ともいいます。動脈硬化をお持ちの患者さんによくみられる狭心症です。

不安定狭心症

不安定狭心症は症状のパターンが定まらず、痛みの程度や発作の回数、タイミングが発作のたび変わるタイプの狭心症です。通常、狭心症の症状や発作のタイミングは一定のパターンを繰り返すものですが、いつどのようなかたちで発作が起こるか分からないところにこの症状の怖さがあります。心臓発作のリスクも高くなるため、早期治療が大切です。

微小血管狭心症

冠動脈ではなく、心筋部にある小さな血管が狭窄して起こる狭心症が、微小血管狭心症です。これらの血管をX線血管造影検査などで特定するのは難しく、多くの場合、推定で病変を診断し、適切な処置を取ることになります。

狭心症の原因

冠動脈狭窄の多くは、動脈硬化によって発生します。そのほかにも、冠動脈のけいれんによって血管収縮が起き、心臓への血液供給が難しくなることがあります。血管がけいれんする原因は、気温の急激な低下や喫煙などです。冬場の早朝や朝方などは、気温の低下も激しいため、注意が必要です。

動脈硬化によって狭くなった冠動脈内は、症状の進行によって血流悪化がどんどん進みます。そのような状況のなか、激しく運動や極度の緊張が引き金となって狭心症発作が起こるといわれます。狭窄部分が7割以上に及ぶと、安静時でも発作が起こるケースが少なくありません

狭心症の検査方法

狭心症は問診によって診断が可能です。ただし、発作があるにもかかわらず、患者さんの説明を聞いただけでは異常が認められない場合、以下の検査方法によって狭心症であるかどうかの診断を下します。

心電図検査

心臓の電気振動をキャッチして冠動脈内の異常を確認する検査方法です。心臓から発せられる微弱な電気を取り出し、記録化して心筋の動きを検査します。狭心症発作の場合、冠動脈内に異常が認められれば電気運動にも何らかの異変が確認されます。

負荷検査

心臓にある一定の負荷を加えて、心臓の稼動量を増やしても問題ないかどうかを検査する方法です。負荷を加え続け、虚血がないかを心エコー検査や核医学検査などで確認。検査結果次第では、冠動脈造影検査や冠動脈バイパス手術の適否判断にも役立ちます。

心エコー検査

心臓の大きさや心筋の動き、血流などを心エコー図(心臓の画像)で撮影して確認する検査です。この検査は、安静時と運動時の2回に分けて実施します。虚血が認められる場合、左心室のポンプ機能に異常ありと判断できます。

狭心症の治療方法

狭心症治療の有効な方法は、薬物療法です、主にニトログリセンやベータ遮断薬などが用いられます。症状が悪化して薬物療法だけで対応できない場合は、外科的療法が選択されることになります。

薬物療法

狭心症の治療で用いられる薬物は、ベータ遮断薬やニトログリセン、硝酸薬などです。ベータ遮断薬は、細動脈の収縮を促すホルモン分泌を抑える効果があります。ニトログリセンは、短時間で血管拡張作用を促し、発作による痛みを軽減する薬です。イソソルビドなどの硝酸薬は、有効成分を皮膚から吸収することで冠動脈疾患の症状を抑える外用剤です。

外科的療法

冠動脈内の問題部分を外科的に処理して血流回復を試みる治療方法もあります。そのひとつが、「経皮的冠動脈インターベンション」で、これは閉塞動脈が1本から2本で、そのうえ閉塞部分がそれほど長くないケースで有効です。

また、体への負担が少ないメリットがあります。もうひとつが「冠動脈バイパス手術」で、冠動脈とほかの健康的な血管をつなぎ合わせて血管供給路を復旧するというもの。手術の成功率が高く、改善効果も一定以上期待できるスタンダードな外科療法です。

page top