GLP1と運動、そしてLカルニチン – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

GLP1と運動、そしてLカルニチン

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

こんにちは。両国駅前内科・透析クリニックの木村庄吾です。久しぶりの投稿ですいません。

最近は、本当にGLP1製剤を使用したダイエットを取り扱うクリニック・病院が増えました。これはとても良いことです。利用者さんの選択肢が増えるにこしたことはありません。ここでよくありがちなのは価格競争になったり、口コミ評価をうのみにしてしまうことです。クリニックもこれからは選ばれる時代になり、また処方だけでなくその後の長い目で経過を見ていくこともできるクリニックをしっかりと見極めることが重要となると思います。ヤセる方法に食事・運動という定番方法があります。GLP1と運動が相性が良いのは当然なのですが、そこで必要となってくる要素の1つとして、L-カルニチンがあります。サプリメントなどですでにご存じな方も多いのではないでしょうか?体内の脂肪燃焼に欠かせない重要な成分に「L-カルニチン」があります。
L-カルニチンは、体の中でできる量はごく微量であり、またその量も年齢と共に減少していっています。

脂肪を燃焼させるミトコンドリア

ダイエットで「脂肪を燃焼させる」とよく耳にしますが、脂肪の燃焼は、細胞のミトコンドリア内で行われます。しかし、脂質は単独ではミトコンドリアの膜を通過することができません。脂質は体内に取り込まれると脂肪酸に分解されます。L-カルニチンはこの分解された脂肪酸を、「脂肪を燃焼させる」ミトコンドリア内に運び込む役割を担っています。つまりL-カルニチンは痩せる為には必ず必要となります。

L-カルニチンは、ミトコンドリア内部まで脂肪酸を運ぶ働きがあるため、運動をする前や医療ダイエットメニューと組み合わせることで更にその効果が発揮されます。

ぜひご検討してみてください。

カテゴリー別 記事一覧