GLP1ダイエットとリポコントラスト – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

GLP1ダイエットとリポコントラスト

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、
両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

こんにちわ。夏らしい暑さになりました、皆さん、どのようにお過ごしでしょうか?

痩せるホルモンのGLP-1は、元々、ヒトの体内に存在するホルモンです。
GLP-1とは、食事による刺激によって小腸から分泌され、β細胞にあるGLP-1受容体と結合して、インスリン分泌を増加させる働きをしています。
肥満者では、食後の血中GLP-1濃度が上がりにくく、痩せると正常値に近づきます。ようは、GLP-1の濃度によって、「太っている人は、太りやすく」「痩せている人は、太りにくく」なっていきます。
このGLP-1は、アメリカ・ヨーロッパでは、肥満治療として承認されています。
日本では2型糖尿病として保険適応のある薬剤を使用します。肥満治療には承認がないため、自由診療となります。当院独自の2プランをご用意しております。効果や費用に合わせ、患者様に合ったプランを医師との相談の上行っていただきます。

またあわせてお勧めをしているのが、リポコントラストになります。部分痩せに特化した全く新しい技術を用いた痩身マシーンです。落ちにくい局所的な脂肪減少のために開発され、従来の痩身マシーンとは違い加熱と冷却を脂肪除去のプロセスに組み込み、的確に脂肪を破壊して体の外に排出するメカニズムを持っています。

皮下組織(真皮下)の脂肪細胞は、ほとんどが飽和脂肪酸の豊富な脂肪細胞となっており、熱や冷却に弱い特性を持っています。
リポコントラストは、1回のプロセスの中に加熱⇒冷却⇒加熱という温度の違ったアプローチを脂肪細胞に行います。正確な時間、温度、スピード、エネルギーのプロトコルに従い、3種類の熱を脂肪細胞に照射することで的確に脂肪細胞を破壊します。最後に温めることで、脂肪細胞に対して機械で行うので確実に攻撃をしてくれるのが、最も大事です。

単純に内蔵脂肪と皮下脂肪の両方を攻撃して、減量効果をねらうものになります。これから夏になっていきますので、今からでも遅くありません。ぜひご検討をください。