予防的血液浄化療法について – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

予防的血液浄化療法について

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

こんにちわ。

両国駅前内科・透析クリニックの木村庄吾です。本日は、当院で実施しております、予防的血液浄化療法(アフェレーシス)とは、血液中の病気の原因となる因子(LDL・悪玉コレステロールや中性脂肪、炎症物質など)を特殊な濾過膜によって分離し、病因物質除去後のきれいな血液を体内に戻すことで、健康状態の改善をはかる治療法です。
血液浄化療法は、30年以上前から保険適用治療として、大学病院を中心に肝炎や、閉塞性動脈硬化症・家族性高脂血症といった循環器疾患、膠原病や特殊な皮膚疾患など重篤な症状に対し、行われています。この治療を透析施設は常に行っており、専門性に特化しております。こういった利点を生かして、当院ではオリジナルの1日でカウンセリングから治療まで完結するパターンをご用意しております。健康意識の高い方であっても、人間ドックや定期的な診察を受けたり、薬を服用している場合でも悪玉コレステロールが高値であったり、メタボリックシンドロームであったり、血管老化が認められる方も少なくありません。
血管が詰まることにより、脳梗塞や心筋梗塞などを発症して初めて治療を開始するのではなく、発症前の段階で自覚することで、積極的な予防対策を取ることができます。
長年、様々な疾患に対して行われてきた治療法ですので、標準治療にプラスして補う対策として是非ご検討下さい。

カテゴリー別 記事一覧