予防的血液浄化について – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

予防的血液浄化について

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、
両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

動脈硬化や脳梗塞などの最大の要因、
血管老化の改善に取り組む予防医療です

  • ■病気の原因となる因子(LDL・悪玉コレステロールや中性脂肪、炎症物質、ウィルスなど)を血液から直接除去
  • ■凝固因子や炎症物質を除去することにより、血栓やプラークを予防
    (血管にドロドロの血液がこびりついたり、それにより血管が詰まるのを予防します)
  • ■血管内皮機能を改善
    (血管の壁にはタイルのように敷き詰められた内皮細胞があり、血管壁にコレステロール等が入るのを防いだり、血栓をすぐに溶かして血管が詰まらないようにする物質・血管が狭くならないようする血管拡張物質を分泌する等、大切な役割を担っています)
  • ■血流改善効果、また糖尿病等による足壊疽・下肢切断の早期での対策として、保険適用前の状態で実施可能

閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血液浄化療法

閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血液浄化療法予防的血液浄化療法(アフェレーシス)とは、血液中の病気の原因となる因子(LDL・悪玉コレステロールや中性脂肪、炎症物質、ウィルスなど)を特殊な濾過膜によって分離し、病因物質除去後のきれいな血液を体内に戻すことで、健康状態の改善をはかる治療法です。
血液浄化療法は、30年以上前から保険適用治療として、大学病院を中心に肝炎や、閉塞性動脈硬化症・家族性高脂血症といった循環器疾患、膠原病や特殊な皮膚疾患など重篤な症状に対し、行われています。

メリット ・動脈硬化を誘因する老廃物(脂質や炎症細胞など)を血液から直接除去できる。
・治療効果が目に見えるので、生活習慣改善に対するモチベーションが向上する。
専門のチームで先進の医療機器を使用するため、快適な環境で治療が受けられる。
・治療効果に対しての副作用は少ない
・心筋梗塞や脳梗塞などの予防として、薬剤治療や生活習慣指導の他の新たな選択肢になる。
デメリット ・針を刺す際に点滴と同程度の痛み、針を刺した部分の内出血、しびれが生じることがある。
・濾過膜や使用薬剤に対して、アレルギーなど副作用の可能性がある。
・数値は一時的には改善するが、十分な効果を得るためには定期的な治療が必要である。
・保険適用外の疾患や予防的効果については、実績がまだ少なく十分なデータがない。

予防血液浄化療法の流れ

予防血液浄化療法の流れ

Aべッドに寝ている患者さんの腕または大腿の静脈に針を刺し、血液をからだの外に出す準備をします。(透析患者はシャントを使います。)

B血液はチューブを通して外に出されます。
血漿分離器で、血液を血球と血漿に分離し、血漿を血漿成分分離器に送ります。

C血漿成分分離器で悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪、フィブリノゲン、血液の粘度を高めている病因物質を取り除きます。

D粘度の下がった血漿を血球と一緒に体に戻します。

※予防血液浄化療法では血液を体の外に取り出すため、血液を一時的に固まりにくくするお薬(抗凝固剤)を使用します。

・1回の予防的血液浄化療法にかかる時間は約2〜3時間です。
・1回に約2〜4リットルの血漿を処理します。

対象となる方

当院では、主に生活習慣病に対する治療選択肢の一つとして、標準治療で十分な治療効果を得られない病態に対して自費診療での予防血液浄化療法を行っております。
対象は以下の通りです。

●特に糖尿病の方において、脳梗塞・心筋梗塞のリスクのある方
●血液検査や血圧は正常だが動脈硬化性変化があり、薬剤治療の適応ではないが、積極的な対策を希望される方
●標準治療を受けていて、かつ脳梗塞や心筋梗塞になってしまった既往のある方

以下の方には治療をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
・医師の診察により治療の適応ではないと判断された方
・予防治療について意義を正しく理解できない方(1回の治療で完治することを期待される等)
・治療におけるリスク等の理解が難しいと判断される方

治療後期待できる効果としては、
●血流の改善とそれに伴う肩こりや冷感や色調等の自覚症状の改善
●間欠性跛行の改善
●疼痛の軽減や潰瘍の縮小
●動脈硬化の原因となる脂質や炎症細胞等の直接的除去
●血管内皮機能の改善
●生活習慣改善へのモチベーション向上
等が挙げられます。

治療後の濾過膜(にこびりついた脂)を見て、生活習慣に対する危機感をつのらせ、改善のためやる気が高まったという方も多くおられます。
1回だけの治療を受けただけでも、その後の血液検査等の経過がよくなったという方も複数おられます。これは、本治療を通じて健康へのモチベーションが高まり、生活習慣が改善された結果と考えられます。

※悪玉コレステロールや中性脂肪などの数値は、1回の治療で改善します。しかし、血液検査数値の低下自体は薬剤治療でも可能です。血液を直接浄化できることが、この治療の一番の特徴です。当院では治療後の採血でコレステロール・中性脂肪の治療効果を確認し、御説明いたします。
※治療後も、生活習慣指導やお薬での標準治療を並行して継続し、健康状態の改善をはかります。

予防医療としての「血液浄化療法」

「血液浄化療法」は保険適用治療としては30年以上の歴史を持つ日本発の技術です。
素晴らしい技術ですが高額であり、高度の技術と手間を要するため、保険適用となる疾患は限られており、効果が期待されるのにもかかわらず治療を提供できない現状があり、専門医はジレンマを抱えています。
この治療を、保険の枠組みにとらわれることなく新しい医療の形として提供できる場を作りたい、その想いから「予防的血液浄化療法を導入しました。痛みが出てから、重症になってから治療を開始するのではなく、兆候のうちに対策をとれるのは自費診療ならではです。
この高度な医療技術を「より健康に生きる」ための予防の手段として応用することが、多くの健康を望む方々へのメリットとできればと考えています。

健康意識の高い方であっても、人間ドックや定期的な診察を受けたり、薬を服用している場合でも悪玉コレステロールが高値であったり、メタボリックシンドロームであったり、血管老化が認められる方も少なくありません。
血管が詰まることにより、脳梗塞や心筋梗塞などを発症して初めて治療を開始するのではなく、発症前の段階で自覚することで、積極的な予防対策を取ることができます。
長年、様々な疾患に対して行われてきた治療法ですので、標準治療にプラスして補う対策として是非ご検討下さい。

メニュー内容

当院では患者様のコンディションやご希望に応じ、2つの方法を用いて治療が可能です。
治療内容のご説明は問診後に行いますので、まずはご来院ください。

1度の治療でも効果は得られます。しかし、治療を繰り返すことにより、血液の粘度を低下(サラサラに)させ、動脈壁へ血液がこびりつくのを防ぐため、生活習慣病などの慢性疾患に対しては定期的な浄化を行うことが勧められます。

※血管が細すぎる場合、全身状態がおもわしくない方は治療できない場合もございます。
必ず医師の診察後、治療をが適切かの判断をしてからの治療開始となります。
カウンセリングの項目として、血液検査・レントゲン・心電図を確認しますので治療開始とならなかった場合でも、所定の費用(15000円(税込))がかかります。
日本語で対応しております。そのほかの言語に関しては、安全性の観点からも通訳の同行が必要です。なお、通訳同行でのご受診を希望の場合、金額やキャンセルポリシー等が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。