GLP-1ダイエット – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

GLP-1ダイエット

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

こんばんわ。両国駅前内科・透析クリニックの木村です。当院で行っていますGLP-1ダイエットに関して、非常に多くの方の来院をいただいております。この場をお借りして御礼申し上げます。当院にご来院いただいたときに、お渡しする内容のポイントを少し記載します。

①血糖値の急上昇を防止

モノを食べるとすぐに分泌されるのがポイントです。先にGLP-1、次にインスリンです。このGLP-1をコントロールすることで、インスリン分泌をコントロールし、食後の高血糖を抑制します。食べたものは、胃から小腸へ移動し、小腸で吸収されますが、GLP-1には、胃から小腸への移動を遅らせる作用があります。早食いの人でもゆっくり
食べているのと同じことになり、血糖値の急上昇を防止します。食後高血糖は様々な臓器障害をもたらしますので、この改善が期待できます。

②自然に食欲を抑制;

GLP-1の見逃せない作用に、食欲を自然に抑えるというものがあります。
食べ過ぎを防ぐことで、血糖値を低位で安定させることができます。つまり
高血糖を予防できます。また血糖値が80以下においてGLP-1は作動せず、低血糖症状は起こしにくいと言われています。

③太りにくい体質に;

モノを食べると小腸で分泌されるGLP-1ですが、肥満者では食後の血中GLP-1濃度が上がりにくく、痩せると正常に近づきます。このダイエット法を持続的に行うことで、体内のGLP-1濃度を上がりやすくするため、痩せている状態に近づけることができ、太りにくい体質を得ることができます。そうすると自然に無理なくやせ型体質になっていくという
ことになります。またストレス減少により、悪循環を絶っていきます。

④将来的な疾病の予防にも役立つ;

このダイエット方法を持続的に行うことで、食後高血糖が原因となる様々な障害や、肥満そのものが慢性的な高炎症状態であり、この悪循環を断ち切ってくれます。
具体的には、脂肪肝の改善・心血管系の保護・腎機能保護・高炎症状態の改善(高炎症状態の代表格である気管支喘息が楽になったなど)・脂肪燃焼作用・膵臓の保護効果などが、将来的な疾患予防になると考えられています。

ご興味のあるかたは、ぜひお問い合わせください。

カテゴリー別 記事一覧