血管の老化予防としての予防的血液浄化 – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

血管の老化予防としての予防的血液浄化

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

こんにちは。両国駅前内科・透析クリニックの木村です。今日、卒業式の方も多くおられたのではないでしょうか?両国国技館で卒業式があり、多くの関係者がおられました。

さて、ここ最近多くお問い合わせをいただいております、予防的血液浄化療法についてであります。

治療後期待できる効果としては、

●血流の改善とそれに伴う肩こりや冷感や色調等の自覚症状の改善
●間欠性跛行の改善
●疼痛の軽減や潰瘍の縮小
●動脈硬化の原因となる脂質や炎症細胞等の直接的除去
●血管内皮機能の改善
●生活習慣改善へのモチベーション向上
等が挙げられます。

治療後の濾過膜(にこびりついた脂)を見て、生活習慣に対する危機感をつのらせ、改善のためやる気が高まったという方も多くおられます。
1回だけの治療を受けただけでも、その後の血液検査等の経過がよくなったという方も複数おられます。これは、本治療を通じて健康へのモチベーションが高まり、生活習慣が改善された結果と考えられます。

※悪玉コレステロールや中性脂肪などの数値は、1回の治療で改善します。しかし、血液検査数値の低下自体は薬剤治療でも可能です。血液を直接浄化できることが、この治療の一番の特徴です。当院では治療後の採血でコレステロール・中性脂肪の治療効果を確認し、御説明いたします。
※治療後も、生活習慣指導やお薬での標準治療を並行して継続し、健康状態の改善をはかります。

一度ご検討ください。

カテゴリー別 記事一覧