注射薬で行う2次性副甲状腺機能亢進症の治療 – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

注射薬で行う2次性副甲状腺機能亢進症の治療

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

こんにちは。

両国駅前内科・透析クリニックの木村です。梅雨の季節ですが、体調はお変わりありませんか?

今日は透析患者さんに使用している2次性副甲状腺機能亢進症に対して、注射で治療できるパーサビブの講演会で演者を予定しています。透析患者さんはかなりたくさんの内服薬を服用されている方が多くおられます。この注射薬ができるまでは、内服薬が中心でありました。しかしこの薬により内服しなければいけない煩わしさから、解放してくれる可能性のある薬剤が登場しました。透析されている方は、担当医に一度相談されてみるか、当院でも御相談にのりますのでお気軽におたずねください。

カテゴリー別 記事一覧