尿たんぱく、慢性腎臓病(CKD) – 両国駅前内科・透析クリニックブログ
記事作成日:

尿たんぱく、慢性腎臓病(CKD)

木村 庄吾 院長

腎臓内科専門医、透析専門医、腎移植認定医であり、両国駅前内科・透析クリニックの院長である木村医師のブログです。

みなさん、こんにちわ。

両国駅前内科・透析クリニックの木村です。

現在墨田区区民健診が行われています。年始ころに会社員のかたであれば健康診断をうけられた方は多いのではないでしょうか?

外来をしておりますと「尿蛋白はずーとでているよ」と言われている方々が結構おられます。東京都福祉保健局のパンフレットからいただいた上図をみてください。もう一度健康診断の結果を見直しをしてみましょう。

尿蛋白がでているだけの時は、ほとんど自覚症状がないのです。症状がでてきたたときには、病状はすすんでいることが多いため、時間をみつけて腎臓内科へ受診をしましょう。

 

カテゴリー別 記事一覧